あっちのブログ

普通じゃないを普通に、あっちをこっちに

アスペルガーの生存戦略〜その3 自己との対話篇〜

f:id:gearmachine:20170104155435j:plain

前回、発達障害者、主にアスペルガーへ向けた生存戦略において、「失敗だらけ」「学習がない」という行動についてのものでした。

今回は、自己評価や「自分」というものの考え方、心の声への対処法などの「自己との対話編」です。

とにかくうるさいですよね、頭の中。注意が一点に定まるのが困難、定まった場合そっから抜け出すのが困難なADD特性のある人は特にそうでしょう。自分の思考から抜け出せない。

思考は道具です。

道具は使い終わったらしまいます。ハサミで切り終わったら引き出しにしまいます。ペンも書き終わったらペン立てに。おもちゃだって散らかしっぱなしにしていいわけがない、踏んで壊しちゃうよ!とか捨てちゃうよいいね?なんて脅迫されてようやくしまうけど。

頭の中がちらかしっぱなしなんですよね。
思考をあたかも「自分自身」と勘違いしちゃう脳のバグ。いわゆる「自我」。

「思考は『自分』なんだ、なんで片付けられなきゃならんのよ。っていうか『自分』で『自分』を片付けるのっておかしくない?」

みたいな。

出だしなのに、「おいおい、なんだかオカルトなことになってきたぞ、オカルトは無価値だ、閉じよう」とあなたの「自我」が言ってくるかもしれませんがちょっとまった!

多少非論理な戦略が出てくるのは否定はしません。ただ、ちょっとくらいスピリチュアルでもいいじゃないの、どうせ我々は深く考えることができないんで、ちょっとそっちとうまく付き合っていこうさ。ほらほら、もうフロイトの理論だってあんなにもてはやされたのにちょっともうオカルト扱いされてるじゃん。何でもリビドーだなあいつ、みたいな。。

というわけで、自分の思考の自動暴走=自我との対話についての戦略を挙げます。

参考になるところがあり、自分とは何か?生きづらさは何か?に近づければ幸いです。

自己との対話 戦略リスト

  • 自己との対話 戦略リスト
  • 自己評価は自分だけで上げる
  • 頭の中で考えない
  • 強制的に運動する
  • 右脳を利用する
  • 自己モニタだけをする
  • まとめ
続きを読む

アスペルガーの生存戦略〜その2 行動編〜

f:id:gearmachine:20170104155435j:plain

前回で発達障害者、主にアスペルガーへ向けた生存戦略において、生きづらさのポイントである対人関係についてまとめました。

今回は、生きづらさのうちの「すぐ行動ができない」「失敗が多い」「長続きしない」「先延ばしにする」などの地獄から抜け出せない 行動における戦略をまとめていきます。

発達障害者は何も意識せず行動しては悲惨な結果になります。それにより対人関係も悪化しさらに生きづらくなるでしょう。

ですから、「どうやって目標を立てて、どうやって実行していくか?」の答えを持っておきましょう。それが戦略です。

少しでも行動についての生きづらさをなくすことにお役に立てれば幸いです。

行動の戦略リスト

  • 行動の戦略リスト
  • 目標を限界まで下げる
  • タスクをすぐできるTodoに落とし込む
  • 環境でカバーする
  • 記憶を信じない
  • 時間を把握する仕組みを作る
  • マルチタスクをしない
  • 手段を目的にする
  • まとめ
続きを読む

アスペルガーの生存戦略 〜その1 対人関係〜

f:id:gearmachine:20170104155435j:plain

前回まで、米田衆介著のアスペルガーの人はなぜ生きづらいのか?についてまとめてきて、 本のタイトルそのまま「アスペルガーがなぜ生きづらいのか」の原因は理解できました。

では、それをふまえて、どうやって生き抜くか?

アスペルガーをはじめハンデがある人々にとって、社会生活は本当に生きづらい地獄の日々なのです。いわゆる「勉強」は人並みにできるが、経験からの「学習」能力がないので、抜け出せないから自己卑下のスパイラルになるから。

本当に「生き抜く」感じです。サバイバル。

というわけで、その生き抜くための術を考えていこうと思います。

論理的に積み上げて考えた生きるための戦術なのですが、実践的かはまだ不明です。
これから共にブラッシュアップしていくとして、ご査収ください。

まず最初は、悩みの根源「対人関係」の生存戦略です。

戦略リスト

  • 戦略リスト
  • 「ふつう」はあきらめる
  • 孤独を愛する
  • 本当の共感は諦める
  • 対人関係の訓練をする
  • 話の途中で割り込まない
  • 人を疑うのを諦める
  • まとめ
続きを読む

【まとめ】アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? 〜その4 その他の不適応〜

f:id:gearmachine:20170104155435j:plain

前回の続きです。

米田衆介著のアスペルガーの人はなぜ生きづらいのか?のまとめというか書評というか散らかったものです。

おさらいしますと、この本では「社会にマッチしないこと」という意味である「不適応」は、5つの不適応タイプでした。

  • 社会的能力に関係した不適応
  • 作業能力に関係した不適応
  • 自己統制に関係した不適応
  • 過敏性と易疲労性の不適応
  • 能力障害以外の不適応

前回で、2番目の「作業能力に関係した不適応」までまとめました。 今回は、一気に残り3つの不適応についてのまとめです。

目次

  • 目次
  • 自己統制に関係した不適応
    • 自己モニターの問題
    • 制御目標となる課題設定の問題
    • 制御を実行するため問題
    • 対策
  • 過敏性と易疲労性の不適応
    • 対策
  • 能力障害以外の不適応
    • 「感情」が世間と異なっている
    • 「想像力」が世間と異なっている
  • まとめ
続きを読む

【まとめ】アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? 〜その3 作業能力に関係した不適応〜

f:id:gearmachine:20170104155435j:plain

前回の続きです。

米田衆介著のアスペルガーの人はなぜ生きづらいのか?のまとめというか書評というか実況です。

おさらいしますと、この本では「社会にマッチしないこと」という意味である「不適応」は、5つの不適応タイプでした。

  • 社会的能力に関係した不適応
  • 作業能力に関係した不適応
  • 自己統制に関係した不適応
  • 過敏性と易疲労性の不適応
  • 能力障害以外の不適応

前回は、「社会的能力に関係した不適応」についてまとめました。 今回は、「作業能力に関係した不適応」についてのまとめです。

「作業能力に関係した不適応」とは、「様々な仕事・運動・生活行動において異様にうまくできないこと」です。

その重症度は、何か頼まれても理解できない、効率が異常に悪い、優先順位がおかしい、不器用などから、学習障害・運動障害まで、多岐にわたります。

ですので、障害支援学級に在籍する子供たちだけの話ではありません。
学校や受験など、いわゆる「勉強」では問題ないけども、職場など現実的な場面での作業だと、能力の限界が露わになったりする大人にも該当するので、この作業能力の不適応は厄介な問題です。

本では「作業能力に関係した不適応」を4つのタイプに分類しています。

  • 作業の意味の理解の問題による不適応
  • 手順の学習と計画性の問題による不適応
  • 身体的な不器用さの問題による不適応
  • 個別の学業スキルの障害の問題による不適応

それぞれについて詳細を見ていきましょう。

目次

  • 目次
  • 作業の意味の理解の問題による不適応
  • 手順の学習と計画性の問題による不適応
  • 身体的な不器用さの問題による不適応
  • 個別の学業スキルの障害の問題による不適応
  • まとめ
続きを読む

【まとめ】アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? 〜その2 社会的能力に関係した不適応〜

f:id:gearmachine:20170104155435j:plain

前回の続きです。

米田衆介著のアスペルガーの人はなぜ生きづらいのか?のまとめというか書評というか殴り書きです。

一章ごとに、発達障害の特性を持つ者に切れ味するどい絶望をあたえてくれる本書。
可能性に生きることを諦めさせ、発達障害の特性を手放すことはできないという現実により、生き方見直さざるをえなくなる気持ちを共有したいので、引き続き内容のまとめをしたいと思います。

今回は「社会にマッチしないこと」という意味の「不適応」についてです。
人と付き合っていく上で「不適応=何かのちぐはぐ」がうまれて「なんで自分は人と違うんだろ」感はつらいです。でも、そういったハンデを持つ人は深く物事を見ることが難しいので本人はその原因がわかりません。

しかし、不適応の事例で「あるある」感を得られれば、それを客観視できます。
そして、その対策をみることでそのつらさを少しでも緩和できれば。

不適応を大きく分けると5つになります。

  • 社会的能力に関係した不適応
  • 作業能力に関係した不適応
  • 自己統制に関係した不適応
  • 過敏性と易疲労性の不適応
  • 能力障害以外の不適応

それぞれの詳細のうち今回は、社会的能力に関係した不適応を見ていきましょう。

目次

  • 目次
  • 社会的能力に関係した不適応
    • 自己中心性
    • 過剰適応
    • 関係過敏
    • 調整能力の欠陥
  • まとめ
続きを読む

【まとめ】アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? 〜その1〜

f:id:gearmachine:20170104155435j:plain

こんにちは、生きづらい人です。

39年生きてきて今さら気付いておどいたのは、周りの人・世間の人というのは、
繰り返される空虚な日々、先行きが見えない将来、みたいな悲観的な世の中でも
「そこそこ楽しく生きている」ということです。

去年、メンタルは病んではなかったのだけど、ひょんなことから心療内科に行くことになり、
明確な診断ではないのですが、ADHD・アスペルガーなる発達障害の疑義と指摘されました。

実感なく「あらら、そうなの?」くらいな受け取り方でしたが。
どうも生きづらいな、生きてて楽しくないな、と思ったらそういう理由だったんです。

普通に暮らす方に「どうつらいのか?」を理解してもらうべく説明してみたいと思います。

「つらい」は単語で言うなら「恐怖・不安・罪悪感・焦燥感」のごった煮なのですが、
これを仮に「つらさ」を「からさ」としてみましょう。「辛さ」で漢字が同じですし。

何か「しなくちゃ」と思うたびに、誰かと話すたび、何か失敗するたび、
みぞおちを中心に内的にハバネロ味の激辛エネルギーがぐるぐるぐるっ!ってなる感じです。
漫画表現なら、肺と胃が燃え盛るほどめちゃくちゃ辛いんです。ボワーッなんです。

これが「普通」かと思ってたのですが、そうじゃないだ、という気づきでした。

ハバネロをぶっかけてくるオバケの名前が「アスペルガー」とさえわかれば正体を掴めたのではないかと。

それで、オバケ退治をすべく何冊か発達障害の本を読んだんですが、あまり刺さらない。

それらは、基本は投薬治療しようぜー、Todoリストを作って利用しようぜー、10分前に行動しようぜー、みたいな、ものすごいダメな人向けの小手先対応のノウハウ集というか。

そんな中、amazon先生が「こんなの本どうかしら?(はぁん」と誘惑してきたのが、 「アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか?」という本です。

アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? 大人の発達障害を考える (こころライブラリー)

アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? 大人の発達障害を考える (こころライブラリー)

読み始めたところ、最高の切れ味のある文章で焦げ付いた胸をえぐってくるではないですか。

少し誇張しますが、
「努力次第で変わる問題ではありません」
「慣れても改善しがたい」
「諦めるという選択肢もあります」
などなど。

アスペルガーは治る!なんていう妄想を断つことを教えてくれます。
もう鋭すぎて切られてもあまり苦しみません。むしろ痛快でした。

そんな「アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか?」をまとめてみたいと思います。
まとめといっても書評と感想も含んだ乱文になっていることをご了承くださいませ。

普通に暮らす人の理解と、生きづらい誰かの助けになれば。

目次

  • 目次
  • アスペルガーの仕組み
    • 何がつらいか?
    • なぜ起きるのか?
  • 二次的な周辺特性
    • 記憶と学習に関する特性群
    • 注意欠陥・多動特性群
    • 自己モニター障害
    • 運動制御関連特性群
    • 情動制御関連特性群
    • まとめ
続きを読む